看護師に「いじめ」が多い原因とは?いじめの少ない職場とは?|看護師いじめ.biz

看護師に「いじめ」が多い原因とは?いじめの少ない職場とは?

看護師はイジメが多い職業

世間一般では看護師は白衣の天使と言われていますが、実際に看護師として働いている身からすると、「白衣の天使なんてとんでもない!」と思いますよね。なぜなら、休憩所などでは患者さんやドクターの悪口を言い放題ですし、ナースコールで呼ばれるたびに、「はぁ〜・・・」とため息をつくこともしばしばだからです。そして、何より看護師間でのイジメが多いんです。

 

看護師の実際の姿を知れば知るほど、「白衣の天使」のイメージとは程遠いことを実感しますよね。

 

看護師の仕事は好きなのに、イジメが原因で仕事を辞めざるを得なかった、イジメが苦痛で転職した、イジメによるストレスで体調を崩したという人もたくさんいます。

 

何でほかの職業に比べて、看護師はイジメが多いのでしょうか?その理由を考えてみると、イジメの解決法が見つかるかもしれません。

 

看護師にイジメが多い理由=女ばかりの環境

看護師にイジメが多い理由のひとつに、看護師は女性が多いことが挙げられます。最近は男性看護師も増えていますが、それでもまだまだ10%以下、男性看護師が全くいない職場も多いですよね。

 

人が集まると、グループができます。女性ばかりのところだと、そのグループの中で、もしくはグループ間で派閥ができるんです。これは看護師だけに限ったことではなく幼稚園生から高齢者まで共通しているものですので、女性の集団の中に派閥ができるのは、男性にはない女性特有の性質というか、永遠の真理のようなもので仕方のないことだと思います。

 

派閥が作られると、人間の心理として相手を攻撃し、少しでも自分たちが優位に立ちたいと考えるようになります。特に人間は1人だけだと、それほど攻撃性はなくても、グループになると行動力も増しますし、「みんながやってるから」と攻撃性が出てくるようになるんです。

 

このような女性の派閥特有のものがあるため、女性が多い看護師にはイジメが多いんです。

 

看護師にイジメが多い理由=仕事のストレス

看護師の仕事は、体力的にも精神的にもハードですよね。勤務中はずっと立ちっぱなしだし、力仕事も多くて、体力的にもヘトヘト。しかも、業務量も多くて、残業するのが当たり前。さらに、患者さんや医師と接することでのストレスもかなりのものがありますよね。

 

こういうハードな勤務を毎日していると、心の余裕がなくなってきます。心の余裕がある時は、他人の失敗も笑って許せるけど、余裕がない時は思わずイラッとしてしまうことがありませんか?この繰り返しが、イジメにつながっていくんだと思います。

 

イライラしていて、誰かに八つ当たりしたくなっても、看護師だから患者さんには八つ当たりできない、医師に八つ当たりすると仕事に差し支えることになる。だから、自分より弱い立場の後輩看護師などがイジメの対象になりやすいんです。

 

看護師にイジメが多い理由=看護師不足

看護師不足は深刻で、社会問題にまでなっていますよね。どこの病院も、看護師不足に悩んでいて、看護師の確保に必死です。

 

そうすると、イジメなどの問題が看護師の中で起こったとしても、病院側は見て見ぬふりをしたり、なあなあで済ませようとするんです。

 

イジメ問題に対処して、いじめた側に注意や異動処分など何らかの処罰を与えると、それを理由に辞められてしまうかもしれないからです。いじめた側はグループであることが多いため、いじめたグループ全員に辞められるよりは、いじめられた個人に辞められたほうが病院としては痛手がないというわけです。

 

こういう病院は、どんどんイジメがエスカレートして、イジメが日常的なことになっていき、「お局様」と言われる人たちばかりが残って、新しく入職した人は次々に辞めていくことが多いんです。

 

看護師のイジメが少ない職場は?

看護師にイジメが多い理由がわかったら、次はそれを元にイジメが少ない職場の条件を考えてみましょう。

 

まずは、女性看護師だけではなく男性看護師も活躍している職場です。大学病院の集中治療系の病棟、精神科、小児科などは比較的男性看護師が多くなっています。ただ、男性看護師の数自体が少ないですので、男性看護師が多い職場でも女性看護師の10%程度のところが多く、この問題をクリアするのは難しいのが現状です。

 

次に、仕事のストレスが少ない職場です。看護師である以上、ストレスが多いのは仕方ないのですが、療養型病院や介護施設は、急性期病棟や忙しいクリニックに比べると、業務量も少なめで、雰囲気もゆったり穏やかなところが多い傾向にあります。

 

最後に、イジメに対してきちんと対処してくれる職場ですが、これは入職してイジメ問題に直面しないとわからない部分が大きいですよね。ただ、指標として使えるのが離職率です、離職率が低く、新しく入職した人の定着率が高い職場は、看護師の働きやすい環境作っていると言えますので、イジメにもしっかり対処してくれる可能性が高いでしょう。

 

このような職場を探したい場合は、看護師の転職サイトに登録してみることをおすすめします。仕事の忙しさや離職率、男性看護師の割合など自分ではなかなか調べられないことも、担当コンサルタントが教えてくれるでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師いじめ.biz TOPページへ >>