上司への相談|看護師いじめ.biz

上司への相談

いじめへの対処は師長の仕事

職場でのいじめを受けて悩んでいる人は、どうやって解決しようと考えていますか?1人で立ち向かいますか?これができれば、いじめに悩むこともないですよね。職場を辞めますか?その前に、もう少し解決方法を探ってみましょう。

 

一番最初にするべきいじめの解決法は、師長や主任など職場の上司に相談することです。師長が最も適任だと思います。

 

「師長は、いつも忙しそうだし、いじめとかの個人的な悩みを相談しても良いの?」と思うかもしれませんが、師長への相談を迷う必要はありません。師長の業務の中には、職場の環境を整えるなど看護スタッフが働きやすい職場を作ることや職場全体を管理・改善することが含まれます。

 

職場にいじめが存在しているなら、それを解決しないと、スタッフが働きやすい職場であるとは言えませんよね。だから、いじめへの対処は師長の仕事なんです。

 

いじめを受けている人は、遠慮せずに師長にいじめを受けていることを報告し、今後の対応などについて相談するようにしましょう。

 

安心して相談できる人か見極めよう

でも、師長に相談する前に、ちょっと注意しなければいけないことがあります。それは、師長がいじめにきちんと対処してくれる人かどうか、安心して相談できる人かどうかを見極める必要があるということです。

 

いじめへの対処は、間違いなく師長の仕事なのですが、残念ながらいじめに加わっていたり、いじめの先頭に立つ師長もいるんです。また、いじめへの対処が面倒だと感じて、なあなあで済ませようとしたり、職場内でいじめグループが力を持っていて、強い態度に出ることができないという場合もあります。

 

師長がいじめに加わっていたり、ちょっと信頼できないという場合は、その上の看護部長に相談してみると良いでしょう。

 

ただ、病院の規模によっては、看護部長なんて全然話したこともないし、信頼できる人かわからないということもあると思います。そういう時は、1人で悩まずに、主任や職場の先輩など信頼できる人に相談するようにしてください。相談に乗ってくれた主任や先輩が、一緒に良い解決法を考えてくれるはずです。

 

相談内容は具体的に伝えよう

上司に相談する時は、「いじめを受けていて、つらいんです・・・」という曖昧な内容ではなく、誰からどんないじめを受けているのか、そのいじめはいつから始まっているのかなどを具体的に伝えるようにしましょう。上司がいじめの実態を具体的に知れば知るほど、いじめに対処しやすくなります。

 

また、もしいじめを受けていることで、仕事がスムーズに進まなくなったり、患者さんへ迷惑をかけたことがあるなど、業務に支障が出ている場合は、それも伝えておくべきです。業務に支障が出ている以上、いじめはプライベートな問題ではなく、職場の問題になりますよね。

 

そして、いじめを受けてつらいなど自分の被害は、ちょっと大げさに伝えちゃいましょう。いじめの内容は大げさにしてはいけませんが、自分の被害は少しくらい大げさに伝えたほうが、いじめの重大さがリアルに伝わると思いませんか?

 

例えば、いじめに悩んで眠れない日があった場合は、「毎日眠れないんです」と言ったり、出勤が苦痛に感じる場合は、「出勤するのが苦痛で、家を出る時に思わず涙が出るんです」と少しだけ大げさに言ってみると良いでしょう。もし、いじめが原因で退職を考えている人は、そのことはきちんと伝えてくださいね。

 

現在はどこも看護師不足です。病院にとって看護師に退職されるのは痛手ですので、いじめにもきちんと対処するところが増えています。1人で悩まずに、思い切って上司に相談してみましょう。意外と簡単にいじめの解決法が見つかるかもしれませんよ!

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師いじめ.biz TOPページへ >>