【概論】 いじめの原因とは何でしょうか|看護師いじめ.biz

いじめの原因とは何でしょうか

いじめ原因

仕事の能力の違いなど

1つ目は、仕事の能力値の差異や取り組み方に対する不満です。同様の業務内容であっても、何でも器用に仕事できる人、素早く仕事に取り組むけれどミスの多い人、ミスは少ないが仕事に時間がかかる人、なかなか仕事を覚えられずミスが多く時間がかかる人、様々な人がいます。

 

例えば、「何でも仕事できるからって生意気ね」、「ミスばっかりして信用できないわ」、「やる気があるのかしら」等、いずれの場合でも、その小さな違いがストレスの原因となる場合があります。

 

職場の雰囲気とのずれ

2つ目は、職場の雰囲気と異なる人に対する不満です。職場には、すでに出来上がっている雰囲気があります。例えば、静かな人が多い場合は穏やかな雰囲気、自己主張する人が多い場合は華やかな雰囲気等です。

 

もちろん、その雰囲気の中の全員が雰囲気通りの性格ではありませんが、先に述べたように、集団行動をとるために互いに共感しつつ調整している場合が多いです。それらの職場の中に反対の、穏やかな雰囲気の中に自己主張の激しい人が、華やかな雰囲気の中に静かな人が新しく入っていく場合、なかなか集団のなかに馴染むことができず、疎外されてしまうということが原因となりえます。

 

コミュニケーション不足による誤解

3つ目は、日常のコミュニケーションの不足による誤解や不満です。「おはようございます」、「ありがとうございます」、「わかりました」、「お願いします」等、何気ないあいさつや返事によって、その人の性格等を周囲の人達は理解していきます。

 

しかし、これらを充分にしないまま過ごしていることで、周囲の人達はその人のことをなかなか理解することができず、ちょっとしたことが誤解や不満の発生するきっかけとなってしまうことがあります。

 

加害者の心理的問題

4つ目は、いじめの加害者の心理です。これは上記3つのいじめの根本的原因として、並行していることがほとんどです。大抵の場合、いじめを発生させる人物は1人であり、その聞き手となって共感した数名がいじめに加担していきます。

 

私が関わった場合だけかもしれませんが、いじめる側の心理は、自分自身を否定的に捉えており、現状に満足できず不安を抱えている状態でした。そのため、相手のことに関しても否定的・拒否的に捉えてしまい、結果として周囲を巻き込んでいじめを発生させるに至ります。

 

逆に、現状に不満や不安が無い人は、聞き手となっても共感はせず、いじめにも加担することはありませんでした。場合によっては、いじめに加担しないタイプが多数派であれば、いじめの加害者となりうる人がいじめの被害者となることも充分にありえます。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師いじめ.biz TOPページへ >>

【概論】 いじめの原因とは何でしょうか関連ページ

【概論】 そもそも「いじめ」とは?
【概論】 いじめへの対策と解決策